Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

お笑い考察

東京と大阪(関西)の笑いの違いを、実データに基づいて考察してみた。(前編)

更新日:

「東京と大阪(関西)の笑いの違い」はたびたび話題になりますが、実データに基づいて議論されたものは少ないように思います。

今回は、以下のような実データに基づき、その違いを考察していきます。
・個々の芸人の例
・賞レースの結果
 

 

1 大阪で売れてから東京で売れるまでに、時間がかかった芸人

まずは、大阪では早くから有名だったが、東京で売れるまでに長い時間を費やした2組の芸人を見ていく。

彼らの何が変わったことで東京でブレイクしたのかがわかれば、何かわかることがあるかもしれない。

1.1 千鳥

関西では2004年頃から天下を獲っていたが、東京のバラエティに定着するまでにかなり時間がかかった。
東京でも「売れた」と言えるのは2010年代初頭以降か。

彼らにとって、東京で売れ始める直前の大きな出来事といえばTHE MANZAIでの躍進である。
2011年の3位に始まり、2012年・2013年は2年連続準優勝に輝いた。
芸風がバレているため不利と考えられた賞レース(しかも全国レベルの漫才頂上決戦)で、3年連続ベスト3という離れ業をやってのけたのだ。

ノブのツッコミの「クセがすごく」なった(=他のツッコミ芸人にはない表現の仕方をするようになった)のもこの頃か。

1.2 かまいたち

関西では、2007~2008年頃に各種賞レースで立て続けに表彰を受ける。
それとほぼ同時期にテレビでも活躍するようになった。
(当時関西に住んでいた筆者も、ネタ番組を中心によく見た記憶がある。)

ただ東京進出まではえらく時間がかかり、2018年4月にやっと進出という運びになった。

かまいたちの場合、東京で売れ始める直前の大きな出来事はやはりキングオブコント2017※。
にゃんこスターのインパクトを振り切り、堅実なネタでキングを掴み取った。

ちなみに彼らは、それまでも全国区の大きな番組へ出演経験があった(2012年のすべらない話に山内が単体で出演・歌ネタ王決定戦2016優勝・キングオブコント2016 3位※)が、それだけでは東京進出に不十分だったようだ。

※個人的感想を、本ブログの別記事で書いています。良ければご覧ください。
キングオブコント2017 感想&個人的採点①
キングオブコント2016 感想&個人的採点①
 

この2組の例を見る限り、「全国区の賞レースで結果を出せば、関西芸人でも東京で売れる」ように思える。
 

2 賞レースの結果と、関西芸人の飛躍との関係

先ほど「全国区の賞レースで結果を出せば、関西芸人でも東京で売れる」という仮説が立ったので、続いてこの仮説が正しいのかを検証していく。

ここでは全国区の賞レースの結果一覧をまとめてみて、順位と関西芸人の売れ方に関係があるのかを見てみる。
対象とする賞レースはTHE MANZAI・M-1グランプリ・R-1ぐらんぷり・キングオブコントの4つとし、いずれも2011年以降に絞って確認する(それ以前を含めると数が多すぎるため)。

なおすべての順位を表示するのではなく、それぞれの賞レースの決勝で2回ネタをやった芸人(=M-1でいう最終決戦進出相当)のみを対象とした。
ただしキングオブコントについては、全組が2回ネタをするルールの年があったため、全ての年について4位までを対象とした。

また芸人名を以下のように色分けして表示した。
ここでの売れる/売れないの区別は筆者の判断に基づくが、TV番組出演数・東京での知名度を考慮したものとなっている。

・赤字 … 関西芸人(=もともと関西を拠点にしていた芸人で)のうち、賞レース後1年間のうちに東京で売れ始めた芸人
・青字 … 賞レース後1年間のうちには東京で売れなかった芸人
・黒字 … 関西以外の芸人、もしくは賞レース当時すでに売れていた関西芸人

■THE MANZAI

■M-1グランプリ

■R-1ぐらんぷり

■キングオブコント

 

これを見る限り、確かに賞レースをきっかけに東京でも売れた関西芸人(赤字)は何組かいた。
ただし東京で売れるための必要条件はとても厳しく、「賞レースで2位以上に入ること」のように思える。

「2位以上に入れば必ず売れるか」というとそうでもないが、ある程度の確率はあるようだ。
一方、3位だとほぼ確実にブレイクしない(ただし千鳥・ゆりやんレトリィバァなど、翌年も3位以上をキープすることで、合わせ技的にブレイクした例はある)。

余談だが、アキナは3位になったことの印象すら全く残っていない(当然、東京でブレイクはできていない…)。
 
 
>>【続き】東京と大阪(関西)の笑いの違い(後編: 賞レースはイマイチなのに売れた芸人!?)
 
 
 

>>【関連記事】芸人はどうやってネタを作るのか? ~笑いの理論についての参考書5選~
 

>>【その他記事】お笑い賞レース感想、お笑い記事まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い考察

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.