お笑い考察

お笑いのトリビア(雑学) ②

投稿日:

今回も、前回に引き続き、お笑いのトリビア(≒雑学、豆知識)をまとめてみたのでご覧ください。

※今後も随時追加していく予定です。


 

5. 意外?な吉本新喜劇出身タレント

今や全国区で活動するお笑いタレントの中には、かつて大阪の吉本新喜劇で活動していた人が意外に多い。
ざっと例を挙げると、以下そうそうたるメンバーだ。

石田靖
今田耕司
東野幸治
130R(板尾創路・ほんこん)
岡村隆史
千原兄弟(千原せいじ・千原ジュニア)
藤井隆
なかやまきんに君
レイザーラモン(HG・RG)

他にも現役の座長として小藪千豊さんがいるなど、やはり吉本新喜劇のお笑いレベルは凄まじい。
 
 

6. 高学歴芸人一覧

売れているお笑い芸人の中には、難関大学出身者もいる。
ざっと例を挙げると、以下の通り。

宇治原史規(ロザン) … 京都大学
光浦靖子(オアシズ) … 東京外国語大学
大久保佳代子(オアシズ) … 千葉大学
田中卓志(アンガールズ) … 広島大学
小島よしお … 早稲田大学
箕輪はるか(ハリセンボン) … 早稲田大学
ふかわりょう … 慶應義塾大学
中田敦彦(オリエンタルラジオ) … 慶應義塾大学

※参考
上田晋也(くりぃむしちゅー) … 早稲田大学中退
タモリ … 早稲田大学抹席
ラサール石井 … 早稲田大学抹席

※MARCH・関関同立を入れるとあまりにも多くなるので、ここでは割愛。
 

学歴相応に、頭が良いイメージの人が多いように思う。
それにしても、オアシズはすごい…。
 
 

7. 笑い飯と麒麟がコラボし、「麒麟飯」として漫才を披露したことがある

2020年大会終了時点において、M-1決勝出場回数で1位の笑い飯(9回)と、2位タイの麒麟(5回)。
このハイレベルな漫才コンビ2組4名がコラボし、「麒麟飯」としてユニット漫才を披露したことがあった。

それは、かつて存在したお笑い番組「笑いの金メダル」での出来事。
この番組では、普段は一緒にネタをしない組同士がユニットとしてネタをする企画があったためだ。

さて、そんな夢のコラボ「麒麟飯」は一体どんな漫才だったのか? それは以下の通りである。

まずテーマは「悪いことをした中学生に注意する」というもの。
各人が各々のやり方で注意していくが、そこにボケが含まれており、田村以外の3人がボケた時は他のメンバー全員にツッコまれる。
しかし田村がそれに続いてボケた時は、他のメンバーは誰もツッコまず、田村が「ツッコめや〜」と怒る。

田村以外の3人の本職がボケであることを上手く活かし、4人でもまとまりのある漫才に仕上げていた。
 

以上、お読みいただき、ありがとうございました。
 

【関連記事】

>>【前回記事】 お笑いのトリビア(雑学) ①

>> 「お笑い考察」記事一覧

>> 「お笑い書籍(芸人の自伝など)・メディア」 記事一覧

>> お笑い賞レース感想まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い考察

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.