「花のワルツによるパラフレーズ」の和声分析(1-22小節目)

更新日:

「花のワルツによるパラフレーズ(原題: Paraphrase on Tchaikovsky’s Flower Waltz)」(Percy Grainger 編曲)の和声分析(アナリーゼ)をしてみました。

この記事では1-22小節目について掲載しますので、参考になれば幸いです(楽譜の版によっては小節が異なるかもしれませんが、その点はご了承ください)。

※他の小節の分析
85-116小節目
117-148小節目

※和声記号をご存じない方は、以下のシリーズ記事を参考にしてみてください。
―サルでもわかる和声記号― 第①回 第②回 第③回

※楽譜は右手部分のみ記載。
 

・1-5小節目

※調号はニ長調ですが、ここから21小節目途中まではイ長調だと考えた方が良さそうです。

・6-10小節目

・11-14小節目

・15-18小節目

・19-22小節目

 

■他の曲の和声分析
「インベンション 第4番 BWV 775」(バッハ 作曲)
「インベンション 第10番 BWV 781」(バッハ 作曲)
「ソナチネ 第1楽章」(ラヴェル 作曲)

 

(日本語) kanren_kijishita

(日本語)

-

Copyright© Zenkai Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.