サルでもわかる和声記号①

更新日:

和声記号って、ローマ数字とか○とか7とか9とか斜線とか、色々要素が組み合わさっていて、
あーややこしいぃーーーーーっ!!!
ってなりますよね。

私も勉強し始めた時はめんどくさすぎて死にそうになったので、この記事では(多分)サルでもわかるように各要素の意味をまとめてみました。
参考にしてください。

①ローマ数字(IとかIVとかVとか)… 根音の番号
②右上の数字 … 転回
③右下の数字 … 7の音、9の音を追加
④ローマ数字を消す斜線 … 根音省略
⑤左上の小さい斜線 … 上方・下方変位

※なお、この記事ではハ長調のIの和音を基準に各要素を加えた和音を掲載していますが、あくまで各要素の意味を理解しやすくするためとなります。
実際の曲中では、IよりVの和音の方が要素が加えられた形で登場する機会が多いです。
 
 
①ローマ数字(IとかIVとかVとか)… 根音の番号

ローマ数字のみの和音は、1つ飛ばしの3つの音を示します。
このときのローマ数字は、基準となる最も低い音(根音)が音階の何番目にあたるのかを示します。

例えばハ長調であれば音階はドレミファソラシドですので、Iの和音は1,3,5番目のドミソ、IIの和音は2,4,6番目のレファラ、Vの和音は5,7,9(2)番目のソシレになります。

9番目の音が2番目と同じになるのは、8番目までいくとまたドになって1番目と同じ音になるためです。
 
 
②右上の数字 … 転回

右上に数字がついた場合、和音が転回した形を示します。

I¹は、一番下のドがオクターブ上がり1度転回した形(第1転回位置)を示します。

I²は、第1転回位置の一番下のミもオクターブ上がって、Iからは2度転回した形(第2転回位置)を示します。
 

なお、この転回の表記は省略される場合も多いです。

なぜならIとI¹の違いなどは、IとIIの違いなどに比べれば響きに大きな差がないため、転回位置にこだわりすぎると分析が煩雑となってしまうためです。
 

 
③右下の数字 … 7の音、9の音を追加

右下に7,9の数字がついた場合、元の1つ飛ばしの3つの音に加えて、その数字までの1つ飛ばしの音も重ねます。

例えばI7の場合はドミソに加えて7番目の音であるシが追加され、I9の場合は7と9番目の音であるシとレが追加されます。
 
 
④ローマ数字を消す斜線 … 根音省略

ローマ数字を消すように斜線がある場合、もとの和音から根音のみ除外します。

根音とは、①でも少し触れましたが、転回していない和音の一番下の音のことです。

ですのでIの和音の根音省略の場合、ドが削除されます(③の和音と比べてみると分かりやすいかと思います)。
 
 
⑤左上の小さい斜線 … 上方・下方変位

ローマ数字の左上に小さい斜線がある場合、5番目の音を半音上げたり下げたりします。

斜線が右上に伸びていれば半音上げ、左下に伸びていれば半音下げます。
 

第1回はここまでとなります。
お読みいただき、ありがとうございました。

■続き
サルでもわかる和声記号②

 

(日本語) kanren_kijishita

(日本語)

-

Copyright© Zenkai Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.