サルでもわかる和声記号③

更新日:

和声記号って、ローマ数字とか○とか7とか9とか斜線とか、色々要素が組み合わさっていて、
あーややこしいぃーーーーーっ!!!
ってなりますよね。

私も勉強し始めた時はめんどくさすぎて死にそうになったので、この記事では(多分)サルでもわかるように各要素の意味をまとめてみました。

今回はその第3回として、第1回第2回の続きを解説していきます。

⑧左の+ … 第3音の半音上げ
⑨左の- … 根音の半音下げ

 

 
⑧左の+ … 第3音の半音上げ
・+I(ピカルディのI)

 
・+IV(ドリアのIV)

ローマ数字の左に+がついた場合、もとの和音の第3音を半音上げます。

短調のIとIV以外で使われるところは、(私は)見たことがありません。

+Iは別名「ピカルディのI」(曲の終わりに用いられることが多い)、+IVは別名「ドリアのIV」と呼ばれます。
 
 
⑨左の- … 根音の半音下げ
・-II(ナポリのII)

ローマ数字の左に-がついた場合、もとの和音の根音を半音下げます。

短調のII以外で使われるところは、(私は)見たことがありません。

また、-IIは別名「ナポリのII」と呼ばれます。
 

いかがでしたでしょうか。
和声記号の解説記事(全3回)はここまでです。

お読みいただき、ありがとうございました。

■実際の曲での和声分析例
「インベンション 第4番 BWV 775」(バッハ 作曲)
「花のワルツによるパラフレーズ」
「ソナチネ 第1楽章」(ラヴェル 作曲)

 

(日本語) kanren_kijishita

(日本語)

-

Copyright© Zenkai Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.