お笑い賞レース感想

キングオブコント2017 感想&個人的採点②

更新日:

キングオブコント2017を見ましたので、感想と個人的な採点を書いていきます。

※これまでの記事
1stステージ前半(わらふぢなるお、ジャングルポケット、かまいたち、アンガールズ、パーパー)

※参考までに、プロの審査員の得点も記載しています。

1stステージ後半(さらば青春の光にゃんこスターアキナGAG少年楽団ゾフィー
 
 
⑥さらば青春の光 97点
(審査員 設楽87 日村89 三村88 大竹87 松本83)

居酒屋の客と店員のコント。
設定・構成、笑いの量、演技力、オチ等どの面を見ても高レベルであった。

また、登場したワードという面でも「海老で海老を釣る」という工夫された一文があり、文句なしにこれまでの最高点だと感じた。
 
 
⑦にゃんこスター 93点
(審査員 設楽90 日村89 三村97 大竹93 松本97)

リズムなわとびの発表会での、演者と客のコント。

設定はわりとありがちで、「不思議なショーをやる演者」と「それを見る客」というものだが、ツッコミ側の客のキャラが通常から逸脱していて、「ボケ」と「ツッコミ&キャラボケ」という形になっていた。

これは恐らく、男女コンビで女がボケる場合にツッコミが普通だと、よほどボケのレベルが高くない限りは「天然の女子に男子がツッコむだけ」のただの飲み会のようになり、ネタとして披露できるレベルに達しないからだと推察している。
 

そしてオチ。
これは過去9回のキングオブコントがフリになっていたと言ってもよく、盛大な破壊が見られた。

これまでのキングオブコントでは、「オチ」でも得点を稼ごうと、演者はコントの枠組みの中で面白いものを必死に模索してきた。

だが、にゃんこスターはコント内容と直接関係ない「自分達の宣伝」をあの4分間の中に含めてしまったのだ。

そんなある意味「不真面目」なことを、あの「真面目」な場でにやってしまったのが、ハマった。
 

 
⑧アキナ 90点
(審査員 設楽90 日村82 三村83 大竹87 松本90)

バイト店員2人のコント。

1つ1つのエピソードは笑えて良かったのだが、それが全体で何かの伏線になっているような気がして、オチに向けてどう展開していくのかすごく期待してしまった。
だが、結局何の解決もなかった。

観客や審査員も同じ気持ちだっただろう。
もし仮に序盤の謎が華麗に解決されていれば、個人的に95点は行ったと思う。
 
 
⑨GAG少年楽団 87点
(審査員 設楽86 日村85 三村82 大竹84 松本82)

幼馴染が三角関係のまま年を重ねてしまったというコント。
完成度は高いと感じたが、なぜか個人的にそれほど笑えず、観客も湧いていなかった。

自分なりに考えてみた結果、シンプルにあの3人が可哀想に思えてしまったのはあると思う。

実際あんな状況はないと思うが、仮にあれが事実なら絶対に笑えない。

(性格が悪いわけではない)老人を笑うというのは笑う側も良心が痛むので、ネタのチョイスミスと言っていいかもしれない。
 
 
⑩ゾフィー 89点
(審査員 設楽85 日村85 三村82 大竹86 松本84)

母が出ていった家庭の父と子のコント。

父親が実は飯を食べていたところが笑いのピークであり、その後も「めし」で押してくるのは単調で、後半はあまり笑えなかった。

ただ、オチは好きだった。
 

■続き(ファイナルステージ)
キングオブコント2017 感想&個人的採点③(アンガールズ、ジャングルポケット、さらば青春の光、かまいたち、にゃんこスター)

■その他の賞レースの感想
M-1グランプリ2017 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2016 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2015 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2010 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2009 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2008 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2007 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2005 感想&個人的採点①
R-1ぐらんぷり2017 感想&個人的採点①

 

(日本語) kanren_kijishita

(日本語)

-お笑い賞レース感想

Copyright© Zenkai Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.