お笑い賞レース感想

M-1グランプリ2007 感想&個人的採点①

更新日:

先日のM-1グランプリ2017はレベルが高く、面白かったですね。
私はその影響を受け、過去のM-1グランプリを見返しています。

ということで、今回はM-1グランプリ2007の感想と個人的な採点を書いてみました。
よければご覧ください。

※2018年現在の価値観では語らず、放送当時に抱いた感想を思い出して書くように努めました。なぜなら笑いは時代と共に変化するため、今の価値観で評価するのは正しくないと思うからです。

※参考までに、プロの審査員の得点も記載しています。なお審査員の「大竹」は「大竹まこと」の略です。

ファーストラウンド 1~3組目
(笑い飯POISON GIRL BANDザブングル)

 
 
①笑い飯「ロボット」 88点
(審査員: カウス92 大竹85 巨人83 石井85 上沼89 松本85 紳助85)

とにかく安定していた。

派手さは無かったが、トップバッターという順番を考えるとそれで最適なのだろう。

仮にトップから派手なものを披露されたとしても困る(お客さん的にも、番組的にも)し、安定した漫才でこの大会が順調に滑り出したことには、すごく意味があったと思う。
 

また後半の切り返し(哲夫「やめよっかなー」→西田「ここまで来たら、もうやりたなってるしやりましょう。」)も、盛り上がって良かった。

85点にトップハンデ+3点(会場が暖まっておらず、笑いをとりにくいため)を入れての88点とする。
 

 
②POISON GIRL BAND「鳥取と島根」 87点
(審査員: カウス85 大竹80 巨人84 石井82 上沼81 松本90 紳助75)

良い漫才だった。

この年のPOISON GIRL BANDは前年と比べて、様々なパターンのボケを適度に散らすことに成功し、玄人を惹き込める漫才に仕上げられていたように思う。

(前年の「ネッチョネッチョ」のネタは、世界観は良かったのだがボケがしつこい箇所があり、見る側を退屈させてしまっていた。)

客席の盛り上がりには欠けていた(ように見えた)が、センスは抜群だと感じた。
 

また、この不思議な世界観を崩さないよう、吉田が絶妙な雰囲気でツッコミを続けていくのは、実はなかなか真似できない技術だと思った。

阿部のボケに対して過度な違和感を出さず、結果としてネタ全体ではある種自然な会話になっており、バランスが抜群のコンビであることを証明していた。
 

なおこのネタ、2018年の今見てもめちゃくちゃ面白い。

当時、松本人志が90点をつけたのは印象的だったが、彼は「時代を先取りした」点も評価したのではと推察できた。
 
 
③ザブングル「レジにて」 82点
(審査員: カウス82 大竹84 巨人79 石井84 上沼92 松本90 紳助86)

ある種の安定感はあったが、加藤がキレて暴力を振るう箇所など、全体的に温度感が高すぎてついていけなかった。

その理不尽なキレ方を笑えば良いのだろうが、私は嫌悪感を抱いてしまった。

結局漫才としての盛り上がりがあまりなく、動きと顔と音に頼ってしまっていたのが勿体なかった(紹介VTRでは、顔芸だけでなく話術も上がってきたみたいな編集だったが、正直そんな印象は全く受けなかった)。

なおPOISON GIRL BANDに続き、松本人志が90点なのは意外だった(私としてはこの点数の解釈ができない…)。
 

■続き(ファーストラウンド 4~6組目)
M-1グランプリ2007 感想&個人的採点② (千鳥、トータルテンボス、キングコング)

■その他の賞レースの感想
M-1グランプリ2017 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2016 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2015 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2010 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2009 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2008 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2005 感想&個人的採点①
キングオブコント2017 感想&個人的採点①
R-1ぐらんぷり2017 感想&個人的採点①

 

(日本語) kanren_kijishita

(日本語)

-お笑い賞レース感想

Copyright© Zenkai Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.