お笑い賞レース感想

M-1グランプリ2009 感想&個人的採点③

更新日:

先日のM-1グランプリ2017はレベルが高く、面白かったですね。
私はその影響を受け、過去のM-1グランプリも見返しています。

ということで、今回はM-1グランプリ2009の感想と個人的な採点を書いてみました。
今回はその3記事目となります。

※これまでの記事
 M-1グランプリ2009 感想&個人的採点① (ナイツ、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト)
 M-1グランプリ2009 感想&個人的採点② (ハリセンボン、笑い飯、ハライチ)

※2017年現在の価値観では語らず、放送当時に抱いた感想を思い出して書くように努めました。なぜなら笑いは時代と共に変化するため、今の価値観で評価するのは正しくないと思うからです。

※参考までに、プロの審査員の得点も記載しています。

 

ファーストラウンド 7~9組目
(モンスターエンジンパンクブーブーNON STYLE)

 
 
⑦モンスターエンジン「夫婦」 83点
(審査員: カウス87 渡辺89 巨人87 東国原85 上沼90 松本83 紳助89)

ネタ自体は面白かった。
特にスキーについて、「どうせ滑って降りてくんのやったら、初めから上登んなや!」と言ったところは爆笑した。

ただ個人的には、このネタの「ああ言えばこう言う」感が2005年のブラックマヨネーズに似ている気がしてしまい、オリジナリティという意味で少し尖れなかったように感じた。

そのため、純粋なネタの面白さと比べて少し低めの点数をつけた。
 

 
 
⑧パンクブーブー「騒音」 91点
(審査員: カウス97 渡辺91 巨人90 東国原88 上沼98 松本93 紳助94)

オーソドックスな漫才ではあるものの、王道の漫才の中では完成度の高さ・会場のウケ方共に、これ以上無いと思えるほどであった。

爆発的なボケが無かったにも関わらず、全てのボケできっちり笑いをとっていたことで、最後の最後まで笑いがどんどん重なっていき、最終的にすごく良い漫才だという印象が残った。

笑い飯の革新的なネタには及ばないながらも、ハライチよりは上だと感じたため91点をつけることにした。
 
 
⑨NON STYLE「ヤンキー」 90点
(審査員: カウス95 渡辺90 巨人87 東国原89 上沼98 松本92 紳助90)

怒涛の掛け合い!
高速だが聞きやすく、笑いも勿論とって「さすが前回チャンピオン」という出来の漫才だった。

ただ、(変化をつけるために入れたものだと思うが)後半に石田が漫才を終わらせようとするくだりがあり、そこでそれまでの勢いがストップしてしまった印象を受けた。

これがなければ、私は(個人的に2位タイとなる)91点をつけたと思う。結果論だが、あの変化により自滅した感が強い。

なお、番組の中で紳助師匠も「ラスト1分でタレた」と言っていた。

ということで、個人的に3位タイ(ハライチと同点)となる、90点をつける。
 

■続き(最終決戦)
M-1グランプリ2009 感想&個人的採点④(最終決戦: NON STYLE、パンクブーブー、笑い飯)

■その他の賞レースの感想
M-1グランプリ2017 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2016 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2015 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2010 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2008 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2007 感想&個人的採点①
M-1グランプリ2005 感想&個人的採点①
キングオブコント2017 感想&個人的採点①
R-1ぐらんぷり2017 感想&個人的採点①

 

(日本語) kanren_kijishita

(日本語)

-お笑い賞レース感想

Copyright© Zenkai Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.