音楽(ピアノ)

サルでもわかる和声記号②

更新日:

今回も、前回(第1回)に引き続いて、和声記号を解説していきます。
 

⑥左の○ … 準固有和音
⑦上の小さなローマ数字 … 借用和音

 

※なお、本記事ではハ長調のIの和音に各要素を加えた例を掲載していますが、あくまで分かりやすくするためです。
実際の曲中では、IよりVの和音の方が、複雑な要素が加わりやすいです。

 
⑥左の○ … 準固有和音

ローマ数字の左の○は、準固有和音を示します。

準固有和音とは、同じ主音(今回のハ長調の場合はド)を持つ短調(つまりハ短調)の音階から借りてきた和音のことです。
 

ここで、ハ短調の音階を書いてみます。

※この音階は「和声的短音階」と言い、和声のために使用される音階です。
調号(♭ミ♭ラ♭シ)と比べて、第7音(ハ長調であれば♭シ)が半音上がります。
また長調の音階と比べると、第3音(ミ)と第6音(ラ)が半音下がったものとなります。
 

上記より、例えば「I」はIの中のミが半音下がった和音となり、「IV」はIVの中のラが半音下がった和音となります。
 
 
⑦上の小さなローマ数字 … 借用和音

上に小さなローマ数字がついた和音も、⑥と同じで他の調から借りてきた和音です。

ただ今回は、同じ主音の短調からではなく、別の調から借りてくることになります。
 

具体的には、主音(ハ長調ならド)から数えて「上のローマ数字」番目の和音が示す調での、「下のローマ数字」の和音となります。

すみません、わかりにくいですね(笑)。以下、例を示します。
 

例えば上の画像で、左から2番目のIIの和音は、ニ短調のIの和音でもあります。

ニ短調の和声的短音階はレミファソラ♭シ#ドレですので、そのVの和音(=ラ#ドミ。上の画像では左から3番目)がとなります。

同様に画像の最も右の和音は、Vの和音の調(ト長調。音階はソラシドレミ#ファソ)のVの和音(レ#ファラ)ということです。
 

補足として、借用和音と⑥の準固有和音が組み合わさった例を以下に挙げます。


※注意点
準固有和音の要素(○)を考える際は、上のローマ数字の和音の調(この例ではへ長調)に対する短音階(へ短調)を考えてください。
現在の調(ハ長調)に対する短音階(ハ短調)を考えてはいけません。
 

第2回はここまでです。お読みいただき、ありがとうございました。
 

>>【続き】サルでもわかる和声記号③
 
 
 

>>【参考記事】和音の特徴をふまえて演奏する
 

>>【その他記事】ピアノ系記事まとめ

 

kanren_kijishita



-音楽(ピアノ)

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.