お笑い賞レース感想

キングオブコント2008 感想&個人的採点②

更新日:

※これまでの記事
Aリーグ(TKO、バッファロー吾郎、ザ・ギース、天竺鼠)

※補足はこちら(本ブログ内の、お笑い賞レース感想&個人的採点全般についての補足)
 

Bリーグ(チョコレートプラネットロバートバナナマン2700
 

 
①チョコレートプラネット「古代ギリシャ」 91点
(芸人審査: 415点)

基本的に「~ルス」等の古代ギリシャ語っぽい言葉のボケだけでネタを構成していたにも関わらず、色んな角度から落としていて飽きずに見続けられた。
「ゆずルス」「メハト(メールハトレス)」をはじめ、よくぞあれほど沢山面白ワードを見つけてきたものだ。その努力に感動した。

ただ、そういった「~ルス」以外の展開がもっとあればより面白かったのに…とも思った。

また最後のオチは、長く引っ張った「負けた負けた」をどう解決するのかすごく気になったが、いきなり「ありがとうございましたー」となり、それはそれで不意をつかれて笑ってしまった。
このオチ、個人的にはすごく好き(何回も見返してしまうほど)だった。
 
 
②ロバート「トゥトゥトゥサークル」 95点
(芸人審査: 473点)

このネタ、中毒性ありすぎてハマってしまった。

「トゥトゥトゥ~」のリズムも勿論そうだが、「I don’t like Honolulu Marathon」というフレーズの破壊力がすさまじく、(これを書いている10年後の)2018年現在も今だに耳に残っているのだ。

もちろん冷静に分析すると、ネタの構成は結構単純だと思うのだが、秋山&馬場が繰り広げるバカバカしい世界観がそれを凌駕している(=もはや構成など関係なく、パワープレーで笑わさせられる)。

フリや構成に頼らずとも単発で面白くできるという点で、彼らのような芸人こそ “売れる” 芸人なんだろうな、と思わざるを得なかった。
 
 
③バナナマン「朝礼」 97点
(芸人審査: 482点)

恐ろしいわ、このコンビ。
特に演技力が凄まじい。
どう練習したら、あれだけリアルに “ふざけた学生同士” に見せることができるのだろう…(学生時代の気持ちに戻っているのか)?

また、設楽の本性から出る「人を困らせる感じ」をうまくネタに昇華し、彼らならではのボケ・ネタにすることに成功していたし、そうして作った各ボケが全部大きな笑いに変えれていて、文句なく最高点をつけられた。

なお恥ずかしながら、当時私はこれで初めてバナナマンを知り、以後彼らへの興味が止まらなくなった(そして、他のコントも沢山見た)。
 
 
④2700「ライブ」 83点
(芸人審査: 327点)

時間とともに笑いが少なくなり、残念だった。

まず、「結成半年で決勝」という紹介にて見る側のハードルがかなり上がっており、この時点で「凄く爆笑が起きる(=極端な高得点。ハードルを越えられた場合)か、スベる(=極端な低得点。越えられなかった場合)」の2択にほぼ絞られていた。
で、越えられなかったので最下位に沈んだわけだが、まぁこれは若手の宿命なので仕方ないかなと思う。

ウケなかった大きな原因としては、「ピン芸人役がボケる→観客役がそれに乗ってボケるorツッコむ」で1セットとなる各くだりの質が高くなかったことだ(芸人役のボケがベタなのはフリだから良いとしても、それを回収できるほどのツッコミを観客役が返せていなかった)。
リズムを固定すると、ツッコミにおいて「タイミングを速くする/遅くする」「文字数の変更」などの柔軟な対応ができず笑いが小さくなりやすい、ということも災いしたと思う。

ただ、芸人役の八十島の声は心地よくてずっと聞いていられたし、「きつねうー」「どんどん」は不意をつかれて吹き出してしまったし、伸びしろを感じるコンビであったことは間違いない。
 

以上が1本目の感想&個人的採点となります。
私の中では、Aリーグからはザ・ギース、Bリーグからはバナナマンが最終決戦に進出することになります。

また、リーグに関係なく1本目の個人的採点で順位をつけた場合、以下の通りです。
最終決戦には私の採点結果と異なる組が進出したので、これが私の最終順位となります。

1. バナナマン       97点
2. ロバート        95点
3. ザ・ギース       93点
4. チョコレートプラネット 91点
5. 天竺鼠         88点
6. バッファロー吾郎    86点
7. TKO          83点
7. 2700          83点

また、1本目の芸人審査の結果(公式結果)は以下の通りでした。

1. バナナマン       482点 ※Bリーグ1位
2. ロバート        473点
3. バッファロー吾郎    460点 ※Aリーグ1位
4. チョコレートプラネット 415点
5. ザ・ギース       400点
6. 天竺鼠         388点
7. TKO          368点
8. 2700          327点
 

■続き(最終決戦)
キングオブコント2008 感想&個人的採点③(バッファロー吾郎、バナナマン)

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.