お笑い賞レース感想

キングオブコント2009 感想&個人的採点①

更新日:

※補足はこちら(本ブログ内の、お笑い賞レース感想&個人的採点全般についての補足)
 

1stステージ前半(東京03ジャルジャルモンスターエンジンロッチ
 

 
①東京03「コンビニ」 88点
(芸人審査: 835点)

トップ出番のため、かなり制約が多い中でのネタだったが、落ち着いて最大パフォーマンスを発揮していたように思う。

トップの制約とは、具体的には以下のようなものである。

(1) コントの登場人物に、激しい感情を持たせづらい(客からすると最初のネタであり、唐突な感じがするため)
(2) 王道ではないネタがウケづらい

特に(1)については、東京03の売りの1つが飯塚のキレツッコミであるため、かなりハンデになっていたはずだ。
しかし、序盤から徐々にボルテージを上げていくことに成功していて、非常に上手かったと思う。

また(2)によって、彼らのコントの中ではかなり地味な部類に入るネタをかけざるを得なかったと推測する。
個人的には、もっと尖ったネタが見たかったが、これも致し方ないか…。

基準の85点にトップハンデ+3点をいれての88点とする。

P.S. あまりウケていなかったが、途中の「いやずっと我慢してたんですけど」が個人的に1番面白かった。
 
 
②ジャルジャル「しりとり」 88点
(芸人審査: 734点)

このネタ、好きだ。

「しりとり」というシンプルな題材にも関わらず、展開の妙でどんどん裏切られてしまった。
4分をとても上手く使っていたと思う。

個人的には、先の東京03のネタより圧倒的に好きなネタだ。
 

なお、紹介VTRから明転にかけて、観客のキャーという歓声が気になった。

正直、ミーハーな客が多く入っている印象を受けたので、劇場とは違う客層に対応できるかが今大会の勝敗を左右するかもしれない。
 
 
③モンスターエンジン「競馬の実況」 87点
(芸人審査: 771点)

面白かったが、終わった直後の率直な印象は「後半もう一展開あればなぁ…」という不完全燃焼感だった。

前半~中盤にかけて「馬、多ぉー」「あんな白かったっけ?」「何か言うてー」などめちゃくちゃ面白いくだりがいくつもあった。
にも関わらず、後半しぼんでしまったのが、すごく惜しかった。

お笑い的センスという観点では、これまでの組の中でピカイチだと思ったが、それをもっと別の形で昇華する必要があったのかもしれない(このネタだと少し違うような…)。
それができていれば、95点とかもあり得たと思う。
 
 
④ロッチ「取調べ」 90点
(芸人審査: 807点)

面白い!!

今までの組の「もう少し…」というフラストレーションを、解放してくれたような感じだった。

展開がよく練られていた(しかも身近な題材で引き込まれた)し、随所で中~大サイズの笑いをどんどんとっていた。
 

しかし、(とても良いことなのだが)この大会はどの組も本当に面白い。
みんな全然すべらないから、粗探しして点差をつけていくしかなくなってくる。
賞レースでは大抵、2,3組が滑ることで逆に良い具合の点差が開くのだが、それが起こらない。

伝説の大会になるんじゃないか…?
 

■続き(1stステージ後半)
キングオブコント2009 感想&個人的採点②(天竺鼠、しずる、サンドウィッチマン、インパルス)

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.