Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 497
キングオブコント2015 感想&個人的採点② – ぜんかいブログ
Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

お笑い賞レース感想

キングオブコント2015 感想&個人的採点②

更新日:

※これまでの記事
1stステージ前半(藤崎マーケット、ジャングルポケット、さらば青春の光、コロコロチキチキペッパーズ、うしろシティ)

※補足はこちら(本ブログ内の、お笑い賞レース感想&個人的採点全般についての補足)
 

1stステージ後半(バンビーノザ・ギースロッチアキナ巨匠

 
 
⑥バンビーノ「魔法」 87点
(審査員: 設楽90 日村89 三村93 大竹93 松本90)

全体的に静かな雰囲気だったが、その中に練り込まれた笑いがあり、「ただ大声を出して盛り上げる」だけではない、笑いとしての質の高さを見た。

また、実は掛け合いの難度は高いはずのネタだったが、タイミングは完璧で技術も見せつけた。

そして、非常に安定して笑いもとれていた。
 

上述の通りほぼ文句なしだったが、コロコロチキチキペッパーズのような爆発がなかったことだけが悔やまれた。

ただ、まだ1本目が終わっただけの折り返しであることを考えると、このぐらい安定感のあるネタで上位につけておき、2本目爆発して優勝を狙うという手はある(前例は2009年の東京03)。

そのため、彼らとしては十分想定内の位置なのかもしれない。
 
 
⑦ザ・ギース「銀行強盗」 81点
(審査員: 設楽88 日村87 三村80 大竹88 松本85)

発想は今大会の出演者で一番良かった。

それは、劇的ビフォーアフターだと判明した瞬間の、会場のウケにも現れていた。

また、7年かけてこの勝負ネタを手に入れたザ・ギースの努力を想像すると、感動すら覚えた。
 

ただ、それだけにどうしても思わざるを得なかったのは、「あと1年このネタを練れば、もっと良い伏線回収が見つかったんじゃないか」ということ。

生まれ変わったコントでの驚きが期待よりも少なく、結果的に「ビフォーアフターだと分かった時点」がネタのピークになってしまった。

特に「動線を確保」「収納を有効活用」などは、単にビフォーアフターに合わせただけのボケで、綺麗ではあるが面白くなかったのが残念だった。
 

発想力だけで80点を超えたのは流石だったが、なんともはや。
 
 
⑧ロッチ「試着室」 81点
(審査員: 設楽90 日村96 三村98 大竹98 松本96)

結論から言うと、私はそんなにハマらなかった。

笑いの玄人(プロの審査員含む)的に言うと、「『次どう裏切るねん』に対して、毎回同じボケを繰り出すという裏切り(=予定調和の笑い)」があり、レベルが高いということなのだろう。

私は正直、様々な方向で裏切ってくれる方が、よほど良かった。
 

この手の笑いを、私は未だにわからない(2011年の2700「キリンスマッシュ」もそうだった)。

多分、そのレベルには至れていないのだろうと思う。
 
 
⑨アキナ「鳥」 82点
(審査員: 設楽89 日村88 三村83 大竹90 松本87)

アキナの真骨頂とも言える、ブラックなネタ。

悪いと思わなかったが、「鳥やん」という大きな笑いの構造を基本として、もっと沢山ボケがあれば良かった。
 

そういえば昔、元祖爆笑王さんが書いた「漫才入門 ウケる笑いの作り方、ぜんぶ教えます」という本(普通芸人が語らないような漫才の基本知識が沢山書いてあり、ますだおかだ・ナイツも推薦している本。少し下にリンクを掲載)を読んだことがあった。

その時、以下のようなことが書いてあった。

・漫才は「あるある」→「ありそう」→「なしなし」の順にボケを重ねて作っていく。

それを思い出すと、今回のアキナのネタは「鳥のせいでライブに行けなかった男が、鳥の尻をぼんじりと言う」という、「ありそう」レベルのボケで終わってしまっていた。

これを「なしなし」レベルのボケまで持っていければ、より完成度が上がり、少なくとも前回大会の「とれへん」級のネタに昇華できたのではないか。
 

ちなみに審査員は「エンジンがかかるのが遅い」と言っていたが、それもボケの広がりが少なかった一因だろう(ボケを詰め込む時間が足りなかったと解釈できるから)。
 

 
⑩巨匠「寿司屋」 82点
(審査員: 設楽87 日村89 三村81 大竹91 松本80)

ボケの岡野の雰囲気だけで面白い。

罪人が足を固められてるという事から始まる「恐怖発信の笑い」で、個人的には好きな種類の笑いだった。
 

ただ、これもアキナと同じだが、ボケに幅広さがほしかった。

「日本で重罪人が足を固められる」という時点で「なしなし」のボケは投下できているのだが、そのボケのみを「あるもの」として受け入れた場合、その後のボケは全部「ありそう」の範疇に収まっていた。

審査員の松本人志は「この設定でいくならもっと面白くないとダメ」と言っていたが、その辺のボケの単調さが得点にも影響したのかもしれない。
 

■続き(ファイナルステージ)
キングオブコント2015 感想&個人的採点③(ジャングルポケット、藤崎マーケット、バンビーノ、コロコロチキチキペッパーズ、ロッチ)

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.