お笑い賞レース感想

キングオブコント2017 感想&個人的採点①

更新日:

※参考までに、プロの審査員の得点も記載しています。

1stステージ前半(わらふぢなるおジャングルポケットかまいたちアンガールズパーパー
 
 
①わらふじなるお 88点
(審査員 設楽87 日村89 三村88 大竹87 松本83)

インターネットにつながらない男と、インターネット業者の電話サポート担当者のコント。

トップバッターだが堂々と演じきり、会場の空気も作った。

1つ1つのボケで確実に笑いをとっていて実力があることは明らかだったが、爆発はなし(トップだと難いか)。

基準の85点にトップハンデ+3点をいれての88点とする。
 
 
②ジャングルポケット 93点
(審査員 設楽93 日村92 三村93 大竹89 松本85)

オフィスのエレベータ付近で繰り広げられる痴話ゲンカと、それに巻き込まれる男のコント。

ジャングルポケットはキングオブコント3年連続出場であるため、高い期待値・芸風への飽き等から盛り上がらない可能性もあったが、それを乗り越えるには十分な面白さがあった。

まず、この設定はエレベータが上がってしまうとコント自体が終了するため、違和感なくかつ面白い理由でエレベータを毎度止めなければならない。

それが4分間の間で完成していたのも凄いし、オチの「気まずい」も絶妙であった。

※余談だが、ジャングルポケットは他のコントでもオチへの工夫がものすごく感じられ、このコントも同様であった。(漫才と違い)コントにおいてオチが工夫されていないというのは、 彼らにとってきっと許容されないのだと思う。
 
 
③かまいたち 91点
(審査員 設楽90 日村93 三村95 大竹93 松本93)

美女に告白されたときの練習をする学生と、それを陰から見ている別の学生のコント。

後半は思わず声に出して笑ってしまったが、コントとしての完成度と言ったときに、ジャングルポケットと比べると正直微妙な感じがしたので、少し点数を下げる。

(ジャンポケより笑ってしまったのは確実なので、お笑いコンテストでこの点数の付け方は微妙ではあるが、ジャンポケはコントの完成度が感動的だったのでこのようにした。)
 
 
④アンガールズ 89点
(審査員 設楽89 日村90 三村92 大竹92 松本89)

ビーチでのナンパに失敗した冴えない男2人のコント。

コントの最初から終わりまでずっと哀愁があり、独自の世界を作り上げたのは流石だった。

ただ、アンガールズのキャラが浸透しすぎていたせいか、新しさや衝撃を感じられなかったので、個人的な得点は伸び悩んだ。
 
 
⑤パーパー 79点
(審査員 設楽85 日村86 三村85 大竹85 松本80)

卒業式当日の男女のコント。
正直、笑えなかった。

初見だったのだが、ほしのディスコ(男の方)があえて気持ち悪く演じているように見えて、ずっと「その演技いる?」と思っていた(後に他のネタを見たらああいう芸風らしい)。

一方の山田愛奈も、ほしのの「キスしてくれ」で全然驚いていなくてサイコパスだったし、どこで笑えば良いのかはっきりせず、安心して見ていられなかった。

ただ、キスのマルチ商法は面白かった。
 

■続き(1stステージ後半)
キングオブコント2017 感想&個人的採点②(さらば青春の光、にゃんこスター、アキナ、GAG少年楽団、ゾフィー)

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.