お笑い賞レース感想

M-1グランプリ2018 感想&個人的採点③

更新日:

※これまでの記事
 M-1グランプリ2018 感想&個人的採点① (見取り図、スーパーマラドーナ、かまいたち)
 M-1グランプリ2018 感想&個人的採点② (ジャルジャル、ギャロップ、ゆにばーす)

※参考までに、プロの審査員の得点も記載しています。

ファーストラウンド 7~10組目
(ミキトム・ブラウン霜降り明星和牛)

 


 
⑦ミキ「ジャニーズ」 90点
(審査員: 巨人90 礼二93 塙90 志らく89 富澤90 松本88 上沼98)

設定はめちゃくちゃありがちだと思ったが、昴生のツッコミの上手さで強制的に笑わさせられてしまった。

そして、ネタとしてすごくまとまっていた印象を受けた。
やはり後半安定して畳み掛けられるのは強い。
 
 
⑧トム・ブラウン「中島ックス」 91点
(審査員: 巨人87 礼二90 塙93 志らく97 富澤89 松本91 上沼86)

前半、「ああ、こういう意味不明系統ね。簡単には笑わないよ」と思っていた(実際ツカミもいまいちだった) のだが、後半はバカすぎて爆笑していた。

知名度がない「お前誰やねん」状態から笑わすのは、本当に面白いネタをしなければいけないという意味で一番ハードルが高い(売れた芸人は皆そのプロセスを踏んでいるが)はずだが、彼らはそれをやり切った。

それができた大きな要因の1つは、ボケのみちおの魅力だろう。
合体させた後の「出来上がる時」の動きが秀逸で、途中から次は何が出てくるのか楽しみで目が離せなくなった。
(余談だが、表情など千鳥の大悟のようにも見えてきた)

そしてクライマックスの「花沢さんが出てくる」→「中島を5人呼びつける」→「中島ックス完成!!」のくだりは、「これだけぐちゃぐちゃにしたのに最後にはできた!」という驚きがあったため、構成面でも評価した。

エンジンのかかりが早ければ、93~94点をつけていてもおかしくなかった。
 
 
⑨霜降り明星「豪華客船」 91点
(審査員: 巨人93 礼二96 塙98 志らく93 富澤91 松本94 上沼97)

彼らの笑いのシステムを紐解くと、ほとんどが「謎解き」(後述の※)の笑いであるため、彼らが作った「謎」の質がそのまま評価に繋がる。

その点で見ると、このネタでは前半の謎は「リアス式海岸」など質が高かった(≒ツッコミを予想しにくかった)が、後半は「日付変更線」など質が低い(≒予想しやすかった)ので、後半しぼんだ印象を受けた。

前半の質の高さをキープできれば、個人的採点でも跳ねたと思う。
 

一方で、「謎解き」の笑いを多用する漫才パターンを確立したことは、革新的だったように思う。
というのも、「謎解き」が多くなると、普通は「面白い」より「頭が良い」「上手い」が先行して笑えなくなりそうなものだが、「面白い」を残したまま謎解きを増やせていたからである。
これは推測の域を出ないが、せいやのバカッぽさがその潤滑油になったのではないだろうか。
 

※謎解きの笑い … 桂枝雀が4つに分類した笑いのとり方のうちの1つ。先に謎を与えておき、それを解決することで笑いをとる(「なーるほど。」という安心感を与える)。詳細は桂枝雀の著書「らくごDE枝雀」を参照。

 
⑩和牛「ゾンビ」 92点
(審査員: 巨人92 礼二94 塙94 志らく93 富澤92 松本93 上沼98)

安定していて上手い!!
しかも最後にはきちんと意外性と爆笑をもたらしてくれて、全く問題なかったように思う。

ここまで何組か91点をつけてきたが、その彼らにはそれぞれ、「ここが明確な欠点だな」という部分があった(もちろん物凄く良い部分もあったため90点台に乗っている)。

一方で、和牛はめちゃくちゃ尖った長所はなかったが、漫才の採点ポイントが幾つかあるとすれば、そのどれもが高得点という優等生ぶりを発揮してくれた。

と言いつつ、この1本目は和牛としてはまだ勝負ネタではないものと推察する。
2本目にさらに凄いネタを期待したい。
 

さて、ここで全組の1本目が終了したので、一旦この時点で個人的採点による順位をまとめてみる。

1. かまいたち     95点
2. 和牛        92点
3. ジャルジャル    91点
3. トム・ブラウン   91点
3. 霜降り明星     91点
6. ミキ        90点
7. スーパーマラドーナ 89点
7. ギャロップ     89点
9. ゆにばーす     87点
10. 見取り図      83点
 
3位が同点で3組いるが、1組だけ上げろと言われれば、トム・ブラウンにすると思う。
後半の畳み掛けが3組の中で最も凄かったので。
 

■続き
M-1グランプリ2018 感想&個人的採点④ (最終決戦: ジャルジャル、和牛、霜降り明星)

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.