お笑い賞レース感想

M-1グランプリ2019 感想&個人的採点②

更新日:

※これまでの記事
 M-1グランプリ2019 感想&個人的採点① (ニューヨーク、かまいたち、和牛、すゑひろがりず、からし蓮根)
 

ファーストラウンド 6~10組目
(見取り図ミルクボーイオズワルドインディアンスぺこぱ)

 

 
⑥見取り図「褒め合う」 87点

後半になるにつれ、どんどん笑いが大きくなる理想的な漫才だった。

あれだけバリエーション豊かな例えを4分間続けるだけでも大変だが、それが1つ1つきっちりハマっていたのが何より素晴らしかった。
途中から、次は何を言うのかが楽しみで仕方なかった。

また、噛んでしまった箇所もあったが、リカバリが早くその後全然引っかからずに聞けた(恐らく彼らがいつもやってる方法なのだろうが)。
 
 
⑦ミルクボーイ「コーンフレーク」 92点

異常なほど面白かった。
何なんだろう、この面白さは。

「コーンフレークは寿命に余裕があるから食べれる」というツッコミで一気に心を掴まれて、その後は「コーンフレークである/ない理由」と「ツッコミの言い回し」にひたすら期待し続けていた。
そして毎回、期待のハードルを超え続けてくれた。

また、最後の「おかんがコーンフレークじゃないって言うててん」で、リミッターが外れたように笑ってしまった。
 
 
⑧オズワルド「先輩を立てる」 87点

個人的には、かなり好きな芸風。
あの静かな入りから、論理の矛盾をきっちり作っていき、最後一気に盛り上がるのはさすがに粋(いき)だった。

もちろん最初から元気なコンビも悪くはないのだが、勢いではなく言い合いの中身で勝負する、いとしこいし師匠のような笑いは、技術的に最高峰だと思っている。
その方向性で決勝まで勝ち進んだことに、感動した。

なお余談だが、この江戸っ子漫才に対して、関西審査員からも高得点が出ていたのが大変興味深かった。
 
 
⑨インディアンス「おっさんガール」 80点

後半特に、ハマらなかったなぁ。

途中からうるさすぎて、一個一個聞いてられなくなった。
順番がもっと前半なら良かったのだが、疲れた後半に聞くこのネタは苦行だった。

その芸風で勝ち上がってきたから仕方ないのかもしれないが、順番に合わせて雰囲気を微調整できると良いなと思う。
 
 
⑩ぺこぱ「タクシー」 89点

面白かった!!

まずシンプルに、今までの方式を変えた(単純なボケ→ツッコミからの脱却)が素晴らしかった。

またボケの質も、チャラい雰囲気のわりには高くて驚いた。
特に、「急に正面が変わったのか…?」には腹を抱えた。

インディアンスは違って、このコンビは順番が後半で良かった。
他の全コンビと異色のことをやっているのが明白だったので、高得点をつけやすかった。
 
 
さて、ここで全組の1本目が終了したので、一旦この時点で個人的採点による順位をまとめてみる。

1. ミルクボーイ   92点
2. ぺこぱ      89点
3. ニューヨーク   88点
4. 見取り図     87点
4. オズワルド    87点
6. からし蓮根    86点
7. 和牛       84点
8. かまいたち    83点
8. すゑひろがりず  83点
10. インディアンス  80点
 

■続き
M-1グランプリ2019 感想&個人的採点③ (最終決戦: ぺこぱ、かまいたち、ミルクボーイ)

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.