旅行記

三宅島旅行記① ―出発:東京~三宅島―

更新日:

1泊3日で三宅島に旅行してきました。
その旅行記を作りましたので、宜しければご覧ください。

※本記事は旅行記をまとめ直したものなので、旅行日と記事更新日が離れています。
旅行日は2016/1/8-10となります。
 

【出発:東京~三宅島 編】
 

始めになぜ三宅島に旅行することになったかと言いますと、大学時代の部活の友人が三宅島で働いており(行政の仕事)、「島に来なよ!」と誘われたためです。

そこで私+別の友人2人(この2人も同じ部活だった)で、三宅島勤務の友人に会いにいくことにしました。

島なので夏がメインシーズンだと思いますが、色々あって冬に行くことになりました。

というわけで、スタート!!

まず、東京から三宅島に向かうわけですが、大きく2通りの交通手段があります。

1つは調布飛行場から飛行機で行く方法、もう1つは竹芝から船に乗って行く方法です。

今回は、面白そうだということもあり、船に乗って行くことにしました。
 

船に乗って行く場合、1日に1往復の頻度で「東京~三宅島経由~八丈島」の便を出している、東海汽船(http://www.tokaikisen.co.jp/)を利用することになります。

東京→三宅島の向きは夜行便で、出発22:30・到着5:00となります。
 

さて当日は、お酒・次の日の朝食などの買い出しを済ませた上で、22時前に竹芝客船ターミナル(竹芝/浜松町/大門駅から徒歩圏内)に着き、その後乗船許可が出たので船に乗り込みました。

当初、勝手に小さめの船を想像していたので、こんなに立派で大きい船だと知って驚きました。

調べてみると、船内にはホテル並の部屋(※1)が備わっているなど、夜行船として運行するためには相応のサイズが必要だということが推察できました。

※1 画像はこちら ← 東海汽船ホームページより

また、乗船する人も大勢いました。
出発日が3連休前の金曜日だったので、連休を島で過ごす人が多いものと思われました。
 

船が出発すると、すぐに東京の夜景が見えました。めちゃくちゃ綺麗です。

また、レインボーブリッジも見えてきました。

沖合に出るため、この航路ではレインボーブリッジの下を華麗にくぐっていきます。

下の画像は、くぐった直後です。
他の乗客の方々も、甲板に出て景色を楽しんでいました。

そして、他の場所の夜景も楽しめました。例えば…、

↑フジテレビ(お台場)があったり、

↑大井ふ頭近くの港も見れたりしました。

また、気がつけばでそこかしこで酒盛りが始まっており(笑)、私も船内の自販機でアイスを買ったり、持ち込んだお酒で友人と乾杯したりして楽しみました。

それにしても、東京の夜景は綺麗でした。
 

 

しばらくして、陸から離れ何も見えなくなったので、寝ることにしました。

ちなみに私は特2等室(※2)を予約しており、そこで横になって一晩を過ごしたのですが、船の揺れによりあまり眠れませんでした
(これは慣れの問題かもしれず、何度も往復すれば気にならなくなる可能性はあります)。

※2 画像はこちら ← 東海汽船ホームページより
 

そうして朝5時になり、三宅島に到着しました。

船から降りた時に、船の全体像を撮影できたので以下載せてみます。


 

カッコいい!!
 

さて一旦、この記事はここまでです。
次回は、三宅島を観光していきたいと思います。
 

■続き
三宅島旅行記② ―三宅島の自然―

■その他の旅行記
新潟旅行記① ―新潟駅~萬代橋―
大津旅行記① ―大津・浜大津―

 

kanren_kijishita



-旅行記

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.