旅行記

大津旅行記① ―大津・浜大津―

更新日:

滋賀県の大津市に、1泊2日で旅行してきました。
その旅行記を作りましたので、良ければご覧ください。

※本記事は旅行記をまとめ直したものであり、旅行日と記事更新日が離れています。
旅行日は、2015/08/09-10の2日間となります。

今回は大津旅行記の1記事目です!

 
【1日目昼編: ―大津・浜大津―】

まず始めに、なぜ大津に旅行しようと思ったかというと、私が好きな作品である「ちはやふる」の聖地巡礼がしたかったからです。

※「ちはやふる」とは、百人一首を題材にした漫画/アニメ/映画作品です。
大津には、近江神宮という百人一首の聖地(全国大会が開催される場所)があり、作品中で度々登場します。

 

また、大津を訪問した2015年夏は、ちょうど近江神宮で「ちはやふる」の複製原画展(公式HPはこちら)をやっていました。

これは一石二鳥!と思い、大津を訪れることを決意しました。

ということで、出発!

私は関東住みなので、「新幹線で京都へ → 在来線で大津へ」と移動しました。
実は、京都~大津間は在来線でたった10分!

これは驚きの近さであり、京都は過去に何度も訪れていたので、「少し足を伸ばすだけで大津も巡れたんだ…」と思うと勿体無い気がしました。

大津駅では、事前に連絡していた大学時代の友人(大津で働いている)に車で拾ってもらい、一緒に昼食をとる予定でした。

予想では、駅周辺に食事処が沢山あってそこで食べるのかと思っていましたが、全然お店がない!(;・∀・)

しかし、友人は至って冷静に「あーそうなんだよねー」と言い、飲食店が多い浜大津という場所に連れていってくれました。

浜大津は琵琶湖沿いの土地であり、私は琵琶湖を始めて見ることができて感慨深かったです。


↑この写真は、浜大津で撮影したものです。
手前の傘のある施設は大津港旅客ターミナルというところで、その奥のヨットが泳いでいる場所が琵琶湖になります。
 

とりあえず、「モダンミール 大津店」で近江牛ステーキを頬張り、腹ごしらえは完了。

しばらく友人と昔話に花を咲かせていましたが、予定があるとのことでしたので14:30頃に解散となりました。


 

もともと1日目はあまり時間がないことがわかっていたので、聖地巡礼(近江神宮)は2日目に回すことにし、こちらも有名な観光地である比叡山に向かうことにしました。

ということで、大津京駅から京阪電車に乗り、比叡山ふもとの坂本駅へ移動(所要時間16分)。
 

坂本駅で降りると、何やら厳かなのか近未来的なのかよくわからないデザインの駅舎が迎えてくれました(あくまで美的センスのない私の感想ですw センスのある方ならきっと理解できるはず)↓

ではここから、比叡山を駆け上がって(?)みたいと思います!
 

■続き
大津旅行記② ―比叡山―

■その他の旅行記
新潟旅行記① ―新潟駅~萬代橋―
三宅島旅行記① ―出発:東京~三宅島―

 

kanren_kijishita



-旅行記

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.