音楽(ピアノ)

アラサー社会人(男)が、14年ぶりにピアノの発表会に出てみた話。 ③本番直前編:前日・当日

更新日:

みなさん、こんにちは。

この度、アラサー社会人(男)の筆者が14年ぶりにピアノの発表会に出てみたので、その感想と注意(すべきだった)点を書いてみます。

ちなみにこの記事は第3回目で、前回まで(①エントリー編②アプローチ編)は、当日に向けてどのように練習に取り組んだかを書きました。

今回は本番直前編として、前日・当日のことを書いてみたいと思います。


1. 前日

正直、前日のことはあまり覚えていないのですが(笑)、技術・表現の細かい練習はもうしていなかったように思います。

前回紹介した本番想定練習で1回通したのと、曲の冒頭の部分だけ、テンポが速くなりすぎないよう何度か確認しました。
 

一般に、テンポの変化がない(=途中でテンポを変える指示が書かれていない)曲は、演奏中に仮にテンポが徐々に上がっても、聞いてる側はあまり気にならないものです。

一方、演奏中にテンポが徐々に下がってしまうと、かなり分かります。

つまり弾き始めのテンポは非常に重要で、やや遅く入る分にはまだ大丈夫ですが、速く入ってしまうと修正が効きません。
 

ですので、前日(当日でも良いが、バタバタして時間がない可能性がある)は、冒頭を適切なテンポで入れるよう練習してみてください。

メトロノームを使うのも有効です。
 
ポイント
👉冒頭のテンポはもう一度おさらい!

 

2. 当日(家にて)

当日、多くの人がそのつもりかと思いますが、家でピアノを弾いてから出発することをおすすめします。

目的は、本番で指を動かしやすくするためのウォーミングアップです。
 

ただ、ここで本番の曲を1度弾いておくべきか否かは、一概には言えません。

以下に、本番の曲を当日家で弾くメリット・デメリットをまとめましたので、ご自身に合った方を選んでください。
 

<メリット>
・本番と同じように指を動かしておくことで、体が本番の動きに慣れるし、精神的にも落ち着ける。

・さらに入退場も合わせて練習できれば、演奏以外の部分についての緊張も軽減できる。

・ミスが出た場合、その部分だけ最後におさらいして臨むことができる。

<デメリット>
・新鮮味が失われる(=本番前に、その曲に飽きてしまう可能性がある。少なくともその日1発目で弾く分には真っさらな気持ちで弾けるでしょう)

・ミスが出た場合、その箇所に苦手意識を持ってしまう可能性がある。
 

ちなみに、私は一度弾きました。理由は、ウォーミングアップの仕上げとして本番の動きを一度入れておきたかったためです。

なお私はそれでミスした場合も、「本番じゃなくて良かった」とポジティブに考えるようにしたと思います。

ポイント
👉家でウォーミングアップをして臨もう(本番の曲を弾くかは任意)!




3. 当日(会場までの移動)

私の場合、会場までの交通手段は電車でした。

それに乗っている間は、想像演奏をしたり、楽譜を見て注意すべきポイントを再度おさらいしていました。
 

この移動時の過ごし方も、人によって合う合わないがあると思います。

「前日までに整理できているから、混乱を避けるためあえて見ない」という選択肢もアリだと思います。
 

ちなみに、私の演奏は15:00頃~でしたが、あえてお昼は何も食べませんでした。

そもそも緊張で喉を通らなかったというのもありますが、直前にトイレに行きたくならないようにという意図もあったのです。
 

ピティナの発表会では、演奏者は1時間弱のブロックにそれぞれ振り分けられており、そのブロックに属する演奏者は一斉に点呼・待機となるため、演奏まで1時間ほどトイレに行けなくなります。

もちろん回によっては待機方法・時間が違ったり、申告すればトイレに行けたのかもしれませんが、あまり動けない前提でいるのが無難だと思います。
 
ポイント
👉本番直前はあまり動けない。飲食のタイミングに注意!
 

4. 当日(会場にて)

一般的に、みなさんは時間に余裕を持って会場に到着するかと思います。

その際におすすめなのは、受付などを済ませた後で観客席に回り、他の人の演奏を聞くことです。

よく見てみると、演奏者が緊張したりミスをしたりするのがわかるかと思いますが、観客としては「そこまで気にならない」と思いませんか?

そう考えると、だいぶ緊張が和らぐはずです。
 

それでは、招集時間までに舞台衣装への着替えをすませ、招集場所に向かってください。
 
ポイント
👉他の人の演奏を聞いて、リラックス!
 

さて、次はいよいよ本番です!
 

■続き
④本番編

■その他のピアノ系記事
ピアノ系記事まとめ

 

kanren_kijishita



-音楽(ピアノ)

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.