Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

音楽(ピアノ)

アラサー社会人(男)が、14年ぶりにピアノの発表会に出てみた話。 ④本番編

更新日:

みなさん、こんにちは。

この度、アラサー社会人(男)の筆者が14年ぶりにピアノの発表会に出てみたので、その感想と注意(すべきだった)点を書いてみます。

ちなみにこの記事は第4回目(最終回)で、前回まで(①エントリー編②アプローチ編③本番直前編)は、本番直前までのことを書きました。

今回は本番編として、実際の演奏のことを書いてみたいと思います。


いよいよ招集の時間になり、ホールの横から出てすぐの場所に集合しました。

実は事前にプログラムが発表されていたので気づいていましたが、私のブロックは8名いて、私以外全員女性でした。

そして年齢も、下は小学校低学年くらいの少女から、上は40代主婦(推定)まで幅広かったです。

覚悟はしていたものの、他が全員女性用の舞台衣装(ドレス等)の中、一人だけスーツでいるのは結構きつかったです(周りで見てる人は、誰も気にしていないでしょうが)。
 

そんな気恥ずかしい状態でしたが、無事点呼をすませ、ホール前方の出演者待機席に座りました。

そこで10分ほど待つと、我々のブロックが始まる旨のアナウンスが流れました。
 

さっそく1人目の演奏… の前に、今回メッセージを書いてくださる3名の先生の紹介がありました(ピティナ・ピアノステップでは、発表者それぞれに対して、演奏後に専門家の先生2~3名からのメッセージが渡されます)。

念の為に書いておくと、3名とも怖い顔はしていませんでしたので、それによる緊張の増加はなかったです。笑
 

また、先生方はホール後方にいたので、一度そちらを振り返るかたちになりました。

その時に気付いたのですが、500人収容可能なホールはガラガラで、100人いるかいないかでした。結構、気が楽になりました。
 

そうこうしているうちに、1人目の発表者の名前とコメント(注: 事前に発表者は60文字でコメントを提出します)がアナウンスされました。

先程、気が楽になったと書いたばかりですが、この時点で再び緊張感が高まりました。

私はブロック最後の8人目であり、まだ全然出番が遠かったにも関わらず…。




1人目は小学生低学年くらいの女の子。もちろん簡単な曲でしたが、元気よく弾ききっていました。

そこから2人目、3人目と発表が進むにつれ、緊張で恐ろしいほど手汗が湧いてきます。

その度に何度もハンカチで拭くのですが、拭いても拭いても治まりません。
 

そうこうしている間に5人目となり、ここからは最後の私まで全員成人です。

5人目は例の40代主婦(推定)。

ここでアクシデント。確かベートーヴェンのソナタだったと思いますが、最初は楽譜を開かず台に置いて弾き始めたものの、冒頭の部分だけで何度も弾き直されています。

その後途中から楽譜を見ながら弾くようにしたものの、ミスの連鎖が止まらず、曲が終わりまでいかずに時間切れとなってしまいました。
 

正直、これを見て「これより酷くなることはないな」と思い、一気にリラックスできました。
(性格悪くて申し訳ないとは思います💦 あとピアノ弾く人ならわかると思いますが、このような事故は意外とよくありますし、私含め誰しも経験する可能性があります。)

そして6人目・7人目と続き、いよいよ自分の番になりました。
 

ポイント
👉待機中、手汗がすごくでる。ぶ厚めのハンカチを用意。




紹介アナウンスと同時に舞台に上がり、お辞儀や椅子の高さ調整などをこなしました。

この辺は 本番想定練習 でさんざんやっていたので、とても落ち着いてできたと思います。
 

弾き初めは、テンポだけ速くなりすぎないように、昨日の練習を思い出してスタート。

適切なテンポでうまく入れました。
 

その後は、感情をこめて最後まで流れるように弾けたはずです(演奏に夢中で、正直ほとんど覚えてません)。

ミスタッチも0でした(これは本当に運が良かったです)。
 

演奏が無事終わりホッとしましたが、最後にお辞儀をせねばなりません。

ということで、一礼。
 
 

!!
 
 

その瞬間、鳥肌が立ちました。

なぜかというと、演奏前のお辞儀よりも圧倒的に大きな拍手を頂けたからです。

予想外の反応で、とても驚きました。と同時に頑張って良かったという気持ちが一気に湧いてきました…。

 

 

あの日からかなり時間が経ちました。今となっては、あの拍手は錯覚だったんじゃないかとも思います。

発表会まで頑張れたことに自分で感動して、そう聞こえるように自分の脳が錯覚を起こさせた、ということも十分あり得るでしょう。

ただ、自分の耳にはそう聞こえたのだから、もはや錯覚でもいいじゃないか(笑)という気もしてます。
 

色々細かい事も書きましたが、最後に一言いいたいのは「発表会は最高。特に演奏後の拍手は。」ということです。

迷っている人は一度だけでいいので、是非出てみてください。

ポイント
👉演奏後の拍手、あなたももらってください!
 

P.S. 上述した通り、ピティナ・ピアノステップでは専門家の先生がメッセージを書いてくださいます。

私の場合、「左手の和音の1つずつが固いのでレガートを」というやや辛口?かつ勉強になるコメントや、「楽しんで弾かれているのが伝わってきます」というちょっと嬉しいコメントをいただきました。

普通の発表会では、専門家のコメントなんてもらえないので、レベルアップに繋がる良い制度だと思いました。
 

以上、お読みいただき、ありがとうございました。
 

■その他のピアノ系記事
ピアノ系記事まとめ

 

kanren_kijishita



-音楽(ピアノ)

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.