お笑い賞レース感想

R-1ぐらんぷり2016 感想&個人的採点①

更新日:

※補足はこちら(本ブログ内の、お笑い賞レース感想&個人的採点全般についての補足)
 

Aブロック (エハラマサヒロ小島よしおシャンプーハットこいでサンシャイン池崎)
 
 
①エハラマサヒロ「めっちゃ熱すぎて、めっちゃうっとうしい音楽プロデューサー」 88点

大きなテーマとして、童謡(ドラえもんの歌)に「ツッコミ的なボケ」を入れていく枠組みがわかりやすく、終始安定していたと思う。

そのテーマの中に散りばめられた個々のボケも質が高く、特に「そーら」を連呼させるくだは秀逸だった。

トップということもあり、やや盛り上がりには欠けたが、ネタ自体は良く練り上げられていたように感じた。

ただR-1という個性のぶつかりあいの中ではかなり地味なネタだったため、私にとって以後の演者ほどは印象に残らなかった(結果的にその点も採点結果に影響した)。

基準の85点にトップハンデ+3点をいれての88点とする。
 
 
②小島よしお「こじマリオネット」 90点

これはシンプルに「よく見つけ出したな」と思った。

「小島よしお」という芸風がバレまくっている売れっ子が、考えに考え抜いて新しい見せ方を考案してきたことに感動を覚えた。

また、単に3人にしたというシステムの変更だけにとどまらず、ショートコントの質が結構高かったのも高評価に繋がった。
その点はさすが、一発屋で終わらずテレビに残り続けられただけの、見事なお笑い力だった。

また最後の、「そんなの関係ねぇ」から「そんなのどうでもいい」への移行も、最後まで飽きさせなかった点でとても良い変化だったと思う。
 
 
③シャンプーハットこいで「食物連鎖」 89点

随所で完全に裏をかかれた。

具体的には「アリクイクイ…ナメ」、「のぞきのぞきのぞき」で実は1周回る、「私のような大人にならないでくだ … ブー」など、例を挙げるとキリがない。

その観点で「裏切りのレベルの高さ」は凄まじかったのだが、果たしてそれで笑えたか?と問われると、答えは”No”であった。

そのため、小島よしおより1点下げた。

個人的には、”関西のスター”こいでのセンスが、全国地上波から配信されただけで満足だった(ただ間違いなく大衆向けではないので、もし笑えない人がいても、その人にセンスが無いとは思わないが)。
 
 
④サンシャイン池崎「心理テスト」 89点

ずっと大声で叫んでいるにも関わらず、お客さんは離れていかない。
それどころか、めちゃくちゃ面白い。

相当ネタが面白くないと厳しい芸風にも関わらず、すばらしいパフォーマンスであった。

ただ個人的には、ネタ作りが甘い点が垣間見えた(「セルフサービス!!」「ナッシング!!」の2回目の変化が弱い、「乳首」を2回も使う等)ので、ブロック1位にはふさわしくないと感じた。

そのため僅差ではあるが、小島よしおより低い点をつけた。
 

ということで私としては、Aブロックは小島よしおが最も良かったです。
ちなみにプロの審査員の評価は以下の通りです(1人3票制、視聴者投票もあり)。

1. 小島よしお       11票(関根2 ヒロミ2 清水2 寛平2 視聴者3)
2. エハラマサヒロ      7票(板尾3 清水1 寛平1 視聴者2)
3. シャンプーハットこいで 2票(関根1 視聴者1)
4. サンシャイン池崎    1票(ヒロミ1)

※板尾さんのエハラ3票は、(会場のウケに左右されず信念を貫いたという点で)格好良いジャッジだなと思いました。
 

■続き
R-1ぐらんぷり2016 感想&個人的採点② (ハリウッドザコシショウ、おいでやす小田、横澤夏子、ルシファー吉岡)

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.