お笑い賞レース感想

R-1ぐらんぷり2017 感想&個人的採点④

更新日:

※これまでの記事
 R-1ぐらんぷり2017 感想&個人的採点① (レイザーラモンRG、横澤夏子、三浦マイルド、サンシャイン池崎)
 R-1ぐらんぷり2017 感想&個人的採点② (ゆりやんレトリィバァ、石出奈々子、ルシファー吉岡、紺野ぶるま)
 R-1ぐらんぷり2017 感想&個人的採点③ (ブルゾンちえみ、マツモトクラブ、アキラ100%、おいでやす小田)

※補足はこちら(本ブログ内の、お笑い賞レース感想&個人的採点全般についての補足)
 

Final Stage (サンシャイン池崎石出奈々子アキラ100%)

 
①サンシャイン池崎「でっかい剣持ってる系男子あるある」 91点

この2本目で、よくぞここまで笑いをとったものである。

1本目の自信作に比べ、「でっかい剣持ってる系男子あるある」という設定の時点でかなり苦しかったはずだが、発想とセリフの工夫で笑いをそれほど落とさなかった。

特に、あるあるを紹介し終わった後のセリフ(「ちょっとベタすぎたよね」等)は、よく考えられているなぁと驚くほどだった。

ブレイクするだけのことはあるという、本当の実力があることを証明するネタになっていた。

90点と91点の間くらいだと思ったが、2本目なのにこれだけのものを見せてくれたという感動があり、91点にする。
 
 
②石出奈々子「通販番組」 90点

ウケていなかったが、1本目で芸風がバレてしまっているということを考慮すると、相当よくできたネタだと思う。

1本目のネタの感想でも書いたが、私は前回大会(R-1ぐらんぷり2016)の予選で彼女のネタを見ている。

当時のネタに含まれていた爆笑をとれる2つのボケ(興奮して机に飛び乗る、舞台袖から上半身だけ出す)がいずれも、このファイナルステージのネタに含まれていた。

それが感慨深く、また全てを出し切ってくれたように思え、非常に見ごたえがあった。

ただ、サンシャイン池崎にはわずかに及ばないと思い、90点とする(次のアキラ100%が、90点と91点の間に来たらどうしよう…)。
 
 
③アキラ100%「絶対見せない de SHOW (Part 2)」 94点

ネタの主軸である「見せない」芸も勿論良かったが、芸のつなぎとなる「ボケ間のコメント」を全て外さなかったことが、輪をかけて素晴らしかった。

また雀牌を積もうとして一旦落ち着こうとするくだり(「ちょっと、ごめんなさい!」)等、見せ方の工夫もあったし、それを演技に見せない演技力も身に付けていて、とにかく飽きさせなかったのも高評価だった。

私の中では、今大会のアキラ100%の2本のネタは、今大会の全ネタの中で1番と2番の面白さだったので、完全優勝であった。
 

ということで私としては、Final Stageはアキラ100%が最も良かったです。
ちなみにプロの審査員の評価は以下の通りです(1人3票制、視聴者投票もあり)。

1. アキラ100%   14票(板尾3 文枝2 関根2 清水2 ヒロミ2 視聴者3)
2. サンシャイン池崎 5票(関根1 清水1 ヒロミ1 視聴者2)
3. 石出奈々子    2票(文枝1 視聴者1)
 

また最後に、個人的な採点での順位もまとめてみました。
※1本目のみの比較。Final Stageは私の採点とは異なる芸人が上がったので、ここでは対象から外す。
※ブロックに関係なく点数のみで順位をつける。

1. アキラ100%     95点
2. ルシファー吉岡    93点
3. 石出奈々子      92点
4. サンシャイン池崎   91点
5. ゆりやんレトリィバァ 90点
5. ブルゾンちえみ    90点
5. マツモトクラブ    90点
8. レイザーラモンRG   88点
8. 横澤夏子       88点
10. 三浦マイルド     87点
10. 紺野ぶるま      87点
12. おいでやす小田    86点

以上、お読みいただき、ありがとうございました。
 

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.