お笑い賞レース感想

R-1ぐらんぷり2018 感想&個人的採点④

更新日:

※これまでの記事
 R-1ぐらんぷり2018 感想&個人的採点① (ルシファー吉岡、カニササレアヤコ、おいでやす小田、おぐ)
 R-1ぐらんぷり2018 感想&個人的採点② (河邑ミク、チョコレートプラネット長田、ゆりやんレトリィバァ、霜降り明星 せいや)
 R-1ぐらんぷり2018 感想&個人的採点③ (濱田祐太郎、紺野ぶるま、霜降り明星 粗品、マツモトクラブ)

※参考までに、記事末尾にプロの審査員の評価も記載しています。
 

Final Stage (おぐゆりやんレトリィバァ濱田祐太郎)

 
①おぐ「入れ替わり2」 95点

彼は笑いの歴史を変えたと思う。

というのも近年のメジャーな賞レースで、明示的に1本目と2本目を続きネタにしたのは初めてだったからだ。

そもそもこの2本目は、この大会で1本目を勝ち上がって披露しなければ、他になかなか使い道が無い。

それにも関わらず、よくあそこまで練り上げてきたな、と思った。

また、1本目に続いて「ハゲってみんな良い人なんだよ」という、メッセージ(主張)がネタに含まれていたのも良かった。

とにかく、1本目だけでも「君の名は」を秀逸なネタに昇華して歴史を作ったというのに、さらにそれを上回る仕掛けの2本目を持ってきたことに、もはや「感動」という安直な言葉では言い表せないほど心を動かされた。
 
 
②ゆりやんレトリィバァ「お願い」 90点

彼女は本当に色んな世界を見せてくれる。

これまでの彼女のネタでも見たことがない、オシャレ眼鏡の “よくいそうな” 女性を演じきり、今回もまた楽しませてもらった。

今から振り返ってみると、彼女はデビュー当時から、新しい(or新しく見える)ものを提供し続けるためのロードマップ(※)を、最初から頭の中に描いていたんじゃないかとさえ思える。
※「まずこんなネタを披露、その次はこんなネタを披露…」というようなイメージのこと。

やはり彼女は天才だ。
 

強いて気になった点を挙げるとするなら、前半、泣く演技をしながら喋っていたため、肝心のボケがいくつか聞き取れなかったことだ。

しかし悪いと思った点はそのくらいで、途中のダンスもアクセントになっていたり、さすがのクオリティと構成とだった。
 
 
③濱田祐太郎「生い立ち」 92点

2本目の方が格段に面白かった。

1本目はただの驚いた話の羅列だったが、2本目では「現在の思い(500万あったら何に使うか)」「生い立ちを含めた昔のエピソード」など話の幅が広がったため、より面白く聞こえたのだと思う。

「やはり本物の噺家だなぁ」と思ったのは、1本目でキャラが浸透したことをきっちり2本目に活かし、笑いを増幅できていたことだった。

「実力がある芸人ほど、長尺で笑いをとれる」と言うが、まさにそれを体現していた。

 
なお、上述のように濱田祐太郎のネタは全体的に面白くて良かったのだが、1つ気になった点があった。

それは、(ネタの山場にするつもりだったと思われる)後半の「2個無茶なこと言うたやん。『心の目で』『見てください』」が、盛り上がりに欠けたことだ。

これは正直、フリのミスだと考える。

なぜなら普通に聞く分には、あの文脈での「2個無茶なこと言うたやん」の “2個” は、「白い線を基準に並んでください」「心の目で見てください」を指すと思われるからだ。

それを当たり前のように「心の目で」「見てください」の “2個” と言われても、正直ついて行けなかったので、その点だけが悔やまれた。
 

ということで私としては、Final Stageはおぐが最も良かったです。
ちなみにプロの審査員の評価は以下の通りです(1人3票制、視聴者投票もあり)。

1位 濱田祐太郎      12票(文枝3 久本2 ヒロミ2 関根1 陣内1 視聴者3)
2位 ゆりやんレトリィバァ 5票(関根2 久本1 視聴者2)
3位 おぐ         4票(陣内2 ヒロミ1 視聴者1)
 

また最後に、個人的な採点での順位もまとめてみました。
※1本目のみの比較。Final Stageは私の採点とは異なる芸人が上がったので、ここでは対象から外す。
※ブロックに関係なく点数のみで順位をつける。

1. 霜降り明星 粗品        93点
2. チョコレートプラネット長田 91点
3. おぐ            90点
4. ゆりやんレトリィバァ    90点
5. 霜降り明星 せいや       89点
5. 紺野ぶるま         89点
7. ルシファー吉岡       88点
7. カニササレアヤコ      88点
7. 河邑ミク          88点
7. 濱田祐太郎         88点
11. マツモトクラブ       86点
12. おいでやす小田       85点

以上、お読みいただき、ありがとうございました。
 

■その他の賞レースの感想
お笑い賞レース 感想&個人的採点まとめ

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.