Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ef48s2s2no/zenkai.site/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

お笑い賞レース感想

R-1グランプリ2021 感想&個人的採点②

更新日:

※ファーストステージの個人的採点は、こちら
 
最終決戦
 
 
かが屋 賀屋「彼が帰って」 88点
良いネタだったと思う。
演技力は1本目に続いて高く、さらに面白さは1本目を上回ったように思う。
おならという1テーマにも関わらず、消臭剤・ドアのさりげない開け閉め・優しい嘘など、笑いどころがこんなにも作れるのには関心さえした。
 
ゆりやんレトリィバァ「インタビュー」 84点
前半、銃をつきつけるところは面白かった。
そのやりとりをずっとやってくれれば良かったのだが、爆破連続とかシャワーとかで、展開はあったが笑いには繋がらなかったように思う。
「お前でわろたことないねん」はアンチゆりやんを一発逆転で味方にできるメタなパワーワードなのだが、これもTHE Wのドラえもんネタで一度使っている分、効果が弱かったかもしれない。
 
ZAZY「たけのこダンディ」 89点
ZAZYの場合、芸風が突飛な分、一度見慣れた状態の方が伝わりやすいし笑いやすいように思う。
例えば各紙芝居の後半では、次にどこがツッこまれるのかを観客側でも予想する体制ができた。
その効果も相まって、1回目と大きく変わったわけではないものの、2回目の方が面白く感じた。
「プリングルス髭」は個人的に一番気に入ったボケだった。
 
 
ということで、私としては最終決戦で一番良かったのはZAZYでした。
 

以上、お読みいただき、ありがとうございました。
 
 
【関連記事】

>> その他の賞レースの感想まとめ

>> 「お笑い考察」記事一覧

>> 「お笑い書籍(芸人の自伝など)・メディア」 記事一覧

 

kanren_kijishita



-お笑い賞レース感想

Copyright© ぜんかいブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.